忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結果


検索エンジン経由で検索をしたとき、検索結果の何ページ目まで見るでしょうか。もう○ページとかではないかもしれません。○件かもしれません。余裕があれば検索結果の1ページすべて見てみるかもしれませんが、そんなに余裕がないときは、検索結果1ページ目、上から5件目までくらいしか見ません。自分の欲している情報が1ページ目の5件目くらいまでになかった場合、検索キーワードを変えて検索窓に入力して再検索します。ほとんどの検索ユーザーがこのように検索していると言います。検索エンジンがより便利になったという証拠ですね。今では検索エンジンの検索窓に1文字、アルファベットでもひらがな1文字でもカタカナ1文字でも入力すれば何件かキーワードの候補が出てくるので、キーワードをすべて入力する必要がなくなってきています。どんどん便利になってきています検索エンジン。便利すぎて戸惑うこともありますが(笑)。アルファベットでも候補をだしてくれるのは便利。

トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理

退行して心の奥深くから情報を引き出す催眠サービスページ
退行 催眠

「お知らせTwitter」は無くす方向で進める。事業ごとに2つもアカウントは要らぬ
購買目的キーワードはヘッド・テール・ロングテール問わず売上に繋がる。ビッグ・ミドル・スモール違い
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
サイトリニューアルで検索経由のアクセス数激減、原因は?HTML構造SEO
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後
SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
ビジネスも、サービスも、記事(コンテンツ)も、Webサイトも、「走らせながら」完成させる
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
複数サイト間の記述重複問題と対策、オリジナル部分・共通部分・URL部分
URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
PR